スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェンダーフリー・慰安婦・・・・三鷹市に蔓延る反日! 

三鷹市が「慰安婦」問題に関する意見書を採択したことについては、前エントリで取り上げました。


****************************************

もう一度民主党を考えよう!三鷹・小金井市議会で「慰安婦」問題に関する意見書採択

****************************************


三鷹市議会は「民主党」「共産党」「にじ色のつばさ」に、「公明党」で議会の過半数を握っています。

http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/member/party.html


慰安婦」問題に関する意見書は、にじ色のつばさ(無所属)の野村羊子議員によって提出され、可決されました。

■意見書審議 意見書案第15号日本軍慰安婦問題に関する意見書
http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/live/delivery/custom2.html

※野村羊子議員の箇所をクリックで会議のもようを聴く事が出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


意見書を提出した「にじ色のつばさ」は、無所属議員三人による会派で、所属議員は

嶋崎英治 野村羊子 半田伸明


の三人。

にじ色のつばさ
http://mitaka.main.jp/


このうち野村羊子議員は、全国フェミニスト議員連盟に所属している議員です。なるほどーだから「慰安婦」に関する意見書なんて出しちゃうんですね。

ちなみに全国フェミニスト議員連盟のHPのトップにある集合写真にて、野村羊子議員を確認する事が出来ます。

■全国フェミニスト議員連盟
http://www.afer.jp/
 

野村羊子議員のHPのLinkには、

関係のあるサイトとして、

三鷹市男女平等条例をつくる市民の会

http://subsite.icu.ac.jp/people/gendersite/mitaka-gem/


また、関心のあるサイトとして

教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会「あんころ」
http://www.kyokiren.net/


女たちの戦争と平和資料館
http://www.wam-peace.org/main/


ICUジェンダー研究所
http://subsite.icu.ac.jp/cgs/


女性の健康と安全のための支援教育センター
http://www.rose.ne.jp/~shienkyo/


を挙げています。

う~ん。見ただけでうわわぁ~~~と思ってしまう様な思想の持ち主ですね。

ジェンダフリー 教育基本法改正反対 慰安婦・・・・・・実にわかりやすい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんな三鷹市でなーーーーんと!


「中学生のための慰安婦展」


が催されようとしておりました!!


幸い「主権回復を目指す会」と「在特会」の抗議によって、暗礁に乗り上げたようだが、まだ確定はしていないようです。

最新ニュースです。


三鷹で慰安婦パネル展が暗礁に 反対団体、会場を重複予約

 市民団体が従軍慰安婦問題を扱うパネル展のため東京都三鷹市の施設を会場予約したが、開催に反対する団体が「予約の申請書類が出ていない」として後日、同じ会場を重複して予約したため、開催が危ぶまれていることが6日、分かった。

 主催者は「過去にも口頭で予約しており、市の手続きミス」と批判。会場の市民協働センターを管理する市コミュニティ文化室は「2団体とも正式受理せず保留扱い。数日中にどうするか決めたい」としている。

 主催者の「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩」によると、パネル展は今月29日~8月3日。4月にセンターに口頭で会場予約し、市は6月26日に市のホームページに「中学生のための慰安婦展」とイベント案内を掲載した。

 市などによると、このころから市や主催者に中止を求める電話やメールが相次ぎ、市はイベント案内を削除。さらに中止を求める「在日特権を許さない市民の会」などが、支援ネットが会場を借りる申請書を出していないことを確認し、パネル展と同じ時期に会場を借りる申請書を提出。その後、支援ネットも申請書を出し、予約が重複する形になった。

47NEWS 2009年7月6日付記事




会場の市民協働センターを管理する市コミュニティ文化室は「2団体とも正式受理せず保留扱い。数日中にどうするか決めたい」などと言っているが、動画を見る限り「中学生のための慰安婦展」の主催者が正式な手続きをしていないので、「2団体とも正式受理せず」というのはおかしい判断なのだが、流石は三鷹市、明らかな肩入れです。


動画はコチラ↓



まったく展覧会の趣旨・内容を理解せず、またその真偽がはっきりとしていないものにも関わらず、「中学生のための」と中学生に教え込む様な展覧会を催すとは・・・・三鷹市は大丈夫か???「いろんな主張を平等に扱う・・・・」この展覧会の趣旨を理解してから言え!といいたいですね~~~。

子ども達に嘘は教えられないんだ!!!!

ちなみにこの「中学生のための慰安婦展」は、三鷹市の市民協働センターで行われる予定だったようですが、この市民協働センターは野村羊子議員が所属する全国フェミニスト議員連盟が総会や学習会で利用しています。


http://www.afer.jp/report/other/2009/05_generalmeeting/index.html


市民協働センターは、そういう如何わしい団体御用達の施設なのです。



THanks maiさん
スポンサーサイト

コメント

取り上げてくださりありがとうございます。三鷹市はまだ決定してないみたいですね。
慰安婦展が開催されるかどうかも問題ですが、それより三鷹市が極左組織との癒着まで発展しそうです。公費の行方として違法性があるのではないかということが問われるかもしれません。

maiさんコメントありがとうございます。

いやー、ただ載っけたという感じですね。もっと上手にならなきゃ(汗)

後出しの「中学生のための慰安婦展」側の申請は受け取るべきでないのに・・・偏ってますよね。
市と極左組織との癒着の証拠が掴めれば面白いんですが、まだそこまではいきませんか??

そうそう、「中学生のための慰安婦展」の主催団体はなんか「朝鮮」とのつながりがありそうな感じでしたよ。キリスト教の施設使ってて、そこのキリスト教のHPには慰安婦や北朝鮮関係の書籍が載っていました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/621-8771b994

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。