スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党が早速ブレブレです!所得控除廃止は参院選後に先送り! 

さあ、早速マニフェスト実現が困難になってしまいました。

自民党から財源で突っ込まれていましたが、それが現実に・・・・

所得控除廃止は11年度 民主、参院選後に先送り

 民主党が所得税の配偶者控除と扶養控除の廃止を10年度には行わず、11年度に先送りする検討に入ったことが3日、分かった。来年夏の参院選前に事実上の増税実施を避ける狙いがあるとみられるが、子ども手当など新規政策に充てる財源の確保は一段と難しくなりそうだ。

 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)に「高所得者に有利な所得控除から、中・低所得者に有利な手当などへ切り替える」と明記。控除廃止で得られる財源を子ども手当創設に回す方針を示していた。

 子ども手当は、中学生以下の子ども1人当たり月2万6千円を支給。全額を支給する完全実施は11年度からだが、10年度にも半額の月1万3千円を支給する計画だ。

 ただ、民主党の試算によると、子ども手当の創設と所得税控除の見直しにより、子どもがいない65歳未満の専業主婦世帯は負担増となる。このため、子ども手当支給と実施時期をずらすことで、参院選への悪影響を最小限に抑える必要があると判断したもようだ。

 子ども手当に必要な財源は、完全実施の場合に5兆3千億円、半額支給でも約2兆7千億円に達する。配偶者・扶養控除の廃止で見込まれる約1兆4千億円が使えない10年度は、ほかの財源を見つける必要がある。

 民主党は公共事業などの見直しや、特別会計の剰余金など「霞が関の埋蔵金」から財源をひねり出す方針だ。

共同通信 2009年9月3日付記事




民主党は自民党に対して散々「選挙目当てのばらまきだ」と批判していたにもかかわらず、今度の参院選までは「事実上の増税実施を避ける」ために所得控除廃止を先送りにするとは!!それこそ選挙目当ての政策ではないのか!!

これによって子ども手当など新規政策に充てる財源の確保は一段と難しくなるというが、まだ内閣発足すらしていない段階でコロコロと政策を変え、早速財源に困る・・・・

民主党マニフェストがいかにいい加減に作られたかよく解る。


民主党の試算によると、子ども手当の創設と所得税控除の見直しにより、子どもがいない65歳未満の専業主婦世帯は負担増となる。このため、子ども手当支給と実施時期をずらすことで、参院選への悪影響を最小限に抑える必要があると判断したもようだ。


これが民主党マニフェストの絡繰りだ!

民主党はばらまきのツケを知らぬうちに国民に払わせるのである。

騙されてはいけない。
スポンサーサイト

コメント

いらぬことを考えず・・・

聴剣さん、今晩は。

兎に角、長年、崩せなかった霞が関の牙城に斬り込んで貰いたい。

後は、余計な事をしなくていい。

そんな心境です。

応援クリック~☆

reikoさんコメントありがとうございます。


民主党に期待したいのは…それが大きいですね。

しかし大半が新人という今の現状で果たして、狡猾な官僚に太刀打ちできるか。

なかなか難しいでしょうね。どうなるでしょうかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/656-7e2885b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。