スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相「国というものがなんだかよくわからないのですが」驚愕発言! 

久しぶりの更新になりました。



もう唖然とするしかないような記事です。


事業仕分けで相次ぐ批判の声 鳩山首相、全知事会議で地方交付税増額の必要性に言及

事業仕分け」について不満の声が聞かれる中、鳩山首相からはそうした声への配慮が聞かれた。一方、会では、25日から審議が再開されたが、ここでも小沢幹事長の発言力が増している。
25日、首相官邸で、日本人として初めて際宇宙ステーションに長期滞在をした若田光一さんに「内閣総理大臣顕彰」が贈られた。
しかし、この場で話題になったのは、予算の話だった。
鳩山首相は「事業仕分けの中で、しっかり(予算)つけてもらわないと」と述べた。
事業仕分けで相次ぐ科学技術関連予算削減の判定。
さらに、ノーベル化学賞受賞者からも不満の声が聞かれた。
ノーベル化学賞受賞者の野依良治さんは「不用意に事業を廃止・凍結を主張する方々には、果たして将来、歴史という法廷に立つ覚悟はできているのか」と話した。
沸き起こる不満に対する配慮も感じられる鳩山政権。
その後、首相が挑んだ相手は全の知事たち。
こちらも「地方交付税」が仕分け対象になったことで、一部から不満の聞かれた。
そんな中、鳩山首相は「というものがなんだかよくわからないのですがというものが力を持って、何でもがんじがらめで地域を縛ってしまう。そういうやり方は、一切やめたい」と述べ、この席で、鳩山首相は「地方交付税増額の必要がある」と言及した。
一方で、民主党の小沢幹事長は24日、「首長は『地方分権、地方分権』と言っていますが、本音を聞くと、『このままで、補助金だけいっぱいもらえばいい』という人が結構多いんです。そんなんじゃ、いつまでたっても地方分権はできない」と述べた。
そして、この剛腕は、25日から審議が再開した国会でも見られた。
25日午前、衆議院の財務金融委員会で、自民党の後藤田議員が「半年先もお先真っ暗なんですよ。ガラパゴス法案」と述べたのに対し、亀井郵政・金融担当相は「あなたにギャーギャーこうやって批判され...失礼しました」と述べた。
衆議院の財務金融委員会では、20日未明に野党欠席の中、本会議を通過したはずのいわゆる返済猶予法案を、補充質疑として再び質疑の対象にした。
これについて、小沢幹事長は24日、「私が20年前の与党の幹事長に就任した時も、『野党が審議したいなら、いくらでもやりなさい』と(言った)」と述べた。
ここへ来て、ますます小沢幹事長の発言力が増す形となる中、24日夜、相次いで料亭に入る鳩山首相と小沢幹事長の姿があった。
そうした中、24日夜、鳩山政権発足以来、初めて鳩山首相と小沢幹事長が会食をした。
同席した山岡国対委員長は「和気あいあいと、お互いいい意味で気を使いながら」と述べた。
民主党幹部らが出席した中、隣り合わせで座った鳩山首相と小沢幹事長は、この場で、国会の会期延長時期について会話を交わしたとされている。
しかし、この2人には、延長の期間をなるべく短くしたいそれぞれの理由があった。
鳩山首相の資金管理団体をめぐる偽装献金問題で、資金の一部が、首相の母親が提供されたものである疑惑が浮上し、野党から追及を避ける狙いがあるとみられる。
一方の小沢幹事長は、12月10日から中国訪問を予定している。
同行するのは、国会議員の140人を含む総勢600人を超える大訪中団ともいわれている。
政治アナリストの伊藤惇夫さんは「長城計画という言い方をするんですけどね、万里の長城の長城なんですけど。この訪中については、小沢さんは非常に思い入れが強いものですから、どんなに遅くても10日前には(国会)閉めたいと」と述べた。

FNNニュース 2009年11月25日付記事




事業仕分けについては、賛否両論有るでしょう。

私も、本当の無駄も省けているのなら、それは成果であると思います。

しかし、「何でもかんでも廃止してしまえ」という今のやり方では、バラまき色の強いマニフェスト実現のための辻褄合わせにしか映りません。これは改めて頂きたいですね。

必要なものにはしっかりと予算をつける。特に防衛関係。

早く成果をあげたい気持ちはわかりますが、仕分け作業を一時間という短時間で切り捨てるのは余りに雑です。しっかりと議論すべきです。



さて、本題です。


この記事の中盤赤太字で表した部分をご覧下さい。

地方交付税についての鳩山首相の発言です。


「国というものがなんだかよくわからないのですが」


これが今の日本を取り仕切っている首相の言葉です。
「開いた口がふさがらない」とはまさにこのようなときに使う言葉なのでしょうね。

国が何たるかを理解できていない人間が、国政を掌る。
国民にとってこれほど不幸な事はないでしょう。


即刻辞職していただきたいですね。
スポンサーサイト

コメント

文句は、おバカを読んでから

文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止すべきと思っています。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
誰もが、事業仕分けで文科省を廃止すべきと、確信する筈です。

夢も希望も無い民主党

v-115 事業仕分けは必要であるが、その成果は仕分け人の能力に依存している。
次世代スーパーコンピューターやロケットなどの科学技術関連予算が事業仕分け(税金10億円投入)で見送られるようでは、民主党政権には夢も希望もない。
民主党の蓮舫や枝野のような科学技術に無知で、日本の将来に無関心な人物が仕分け人では、致し方ないこと。
毎年2.5兆円の税金を使う高速道路無料化は、無駄な予算であるから、事業仕分けによって廃止してもらいたい。
民主党には成長戦略が無く、成長のための投資と無駄を区別する能力も無いことが見えてきた。
経済音痴の蓮舫が世界一になる必要があるのかと言ったスーパーコンピューターの現在の性能順位は、1~3位は米国、4位はドイツ、5位は中国、6~10位は米国そして日本は30位以下。
どこの国の政党か分からない民主党を衰退させなければ、祖国日本が衰退することを憂える。

その「国」は地方行政に対してかかってるんジャマイカ?

ここで鳩が判らないと言っているのは、「国家」という枠組みではなく、地方行政に対する「国」と「地方」の役割、という意味での「国」なんジャマイカ?

石原慎太郎とかも、たぶんよく判ってないぞ。
あいつも何にでも口を挟みたがるから。

  • [2009/11/26 11:30]
  • URL |
  • 河豚大王(かわぶただいおお)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

おかえりなさい

 聴剣さん、おかえりー♪
 私は世論と違って、事業仕分けには批判的な立場です。聴剣さんのおっしゃるように、基準が良く分からないんですよね。仕分けの発言を聞いていても、なんでこれがムダなのか、ムダってなんなのか、さっぱり分かりません。
 コストがかかるからダメなのか、リスクがあるからダメなのか、そのあたりが分からないから、仕分け人の判断がすごく恣意的に見えるんですよ。(現に財務省が教員の給与に言及したら、民主党議員が慌てて止めたりしています。民主党の支持母体に有利な判断をしているのではないか、と思える一場面もあります。新たな利権構造を生み出しているだけのようにも思えるのです。)

 別に事業仕分けをするな、とは言いませんが、その前提として「判断基準」があって然るべき、じゃないのかな、とおもいます。

 また、事業仕分けの対象事業を選ぶ基準も不明です。事業仕分けの対象となった事業も全体の15%に過ぎません。85%について、事業仕分けをしない理由が分からないのです。

 さらに、仕分け人選考の基準も不明です。仕分け人の中には、国会議員、府議(しかもなぜか京都府議)、学者から、竹中平蔵さんのブレーンまでいます。

 官僚の受け答えが下手だし、レンホウ氏にボコボコにやられているのは見ていて爽快ではあるのですが、本当にこれでいいのかな・・・と懐疑的になる自分もいます。

*上の大和さんという方のコメントは、私のブログにもついていました。スルーしてOKだとおもいます。

Re: 夢も希望も無い民主党

在日民主党さんコメントありがとうございます。

そうですね。本当に無駄なものならばそれを削るべきですし、またそういう無駄があることが今回の仕分けで国民にもわかった。これはなかなか意義深いものがあるかなと思います。
ただ、在日民主党さんのおっしゃるように仕分け人などに問題があったのかなと思います。
それが「一位である必要があるのか」という言葉に表れていますよね。なにがなんでも削れというスタンスで臨んだからなんでしょう。なんせ、ばら撒きマニフェスト実現のためですからね。

結局民主党は今もしっかりとした経済対策をうてていませんね。事業仕分けは評価されているようですが、他は何もできていません。

くるくるさんコメントありがとうございます。

お返事が遅れてもうしわけございません。

う~ん。くるくるさんのコメントを拝見していると、ますます事業仕分けが何の為に行われているのかが見えなくなりますね。

経済対策が無策であることを隠すためのパフォーマンスかな、なんて思ったりもします。だってほら、効果的なことを何一つ出来ずにいるのに、事業仕分けただそれだけを評価して内閣支持率が高かったでは有りませんか。まあ、一番国民には気持ちよく映ったでしょうから。。。特に官僚がガックリする場面などを見てね。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/689-b540a21e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。