スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オザワ独裁(民主)党 手兵を連れて近く訪中予定  

12月10日に民主党小沢幹事長が訪中する。


小沢氏の今度の訪中には、党の衆参国会議員のほぼ3分の1にあたる約140人が同行し、加えて党員や支持者らの参加も含めると、訪中団は総勢615人にのぼる。読売は「小沢氏の権勢を見せつける旅」と位置づけし、産経は「朝貢外交か」と指摘した。朝日は訪中することだけを伝え、批判の出そうな人数については触れていない。

・読売
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091124-OYT1T01259.htm

・産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091128/stt0911280738002-n1.htm

・朝日
http://www.asahi.com/politics/update/1014/TKY200910140328.html



各紙の民主党に対するスタンスがよく解る記事だ。各紙も指摘する通り今度の訪中は、小沢氏の「権力誇示」と「親中アピール」が目的であろう。


さて、今回は衆参議員140人という大人数を連れて行くということだが、産経、読売が指摘したように、この人数は明らかに多すぎる。
そもそもこの訪中は、「長城計画」という小沢氏の自由党時代から行われている中国との民間交流事業であり、同氏はこれをライフワークとしている。この事業は基本的には小沢氏個人が主宰してきた。個人の金でやるなら問題はないのだが、前回同様、今回も民主党中国共産党との交流ということで、小沢氏個人の資金以外の金がつぎ込まれている可能性がある。ここに国民の税金が使われているとしたら大問題である。

ちなみに、旅費は1人19万8000円から。単純に考えて、議員の旅費だけでも約2千800万円は必要である。その他諸経費を考えると3千万はくだらない。この大訪中団に国民の税金はつぎ込まれているのか。このまま無批判のまま訪中させては、事業仕分けで無駄無駄!と切り捨てられた各省は納得いかないだろう。(完全に議員個人の負担であるなら問題はないのだが)

ここは是非とも国民に説明していただきたい。


また、この訪中の日程があるために、民主党は国会の会期延長を9日までとしていた(結局は4日間の延長)。様々な問題が山積しているはずであるのに、訪中を優先させ、会期延長を許さない。これには小沢氏の意向が働いている。小沢氏の国会軽視は今も健在である。
いくら小沢氏の事業であるとはいえ、国会を無視し、のこのこと中国へ出かけていくのは如何なものか。一体何処を向いて政治をしているのか。媚中政治家と罵られても仕様がないのではないか。

もし、民主党がこの延長国会で、ろくな審議もせずに強行採決をしようものなら、それは小沢氏の責任である。


しかしながら、小沢氏の横暴に対して何の批判も起きない今の民主党

中国、いや北朝鮮を見ているようである。



今度の訪中は「独裁政治の仕方」でも学んでくるのだろうか。


参考記事
・ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20091130/plt0911301231001-n1.htm

スポンサーサイト

コメント

この記事は知りませんでした。

こんにちは。

仮に、これが血税から支払われるとするならば、

作業仕分けで、防衛費の分野まで削減したのは、どう弁明するのか!

いい加減にし欲しい。この内閣。

小沢の売国ぶりは、許し難い!

応援クリック☆

武士の妻女からみた武士道

記事へのコメントでなくご無礼!

検索“修行”しておりました道中、貴HP(道場)へ立ち寄った者にて候。
突然のお知らせ(書き込み)にて御免!
現代の女性に求められる「女性の品格」の源は武士の妻女の品格、気品です。
武道通信http://www.budotusin.net
へ御立ち寄りいただき『武士の女の品格』──武士の妻女からみた武士道を
お読みいただければ幸いです。

訪中団は大恥

まったくもって、訪中団は醜態をさらけ出しましたね。大喜びで一人ひとり握手してもらって・・・。彼らは中国要人に軽蔑されているということが分からないのでしょうか?

Re: 訪中団は大恥

うたのすけさんコメントありがとうございます。
いや、ほんと大恥ですね。向こうの独裁者と握手して得意顔になってるんですから。
民主党もまあ色々とボロが出てきていますから、鳩の辞任も時間の問題でしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/690-49bbf451

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。