スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国では親日、反韓の人間は帰国すら許されない。 

呉善花さん 母の葬儀で“帰国”拒否される

『スカートの風』や『韓国併合への道』など日韓に関する多くの著書で知られる韓国人女性評論家、呉善花さん=拓殖大学教授=が先ごろ、済州島在住の母の葬儀で帰国しようとしたところ、済州空港で一時、入国を拒否されるということがあった。理由は日本での「反韓国的な活動」で韓国当局から入国禁止措置が出ているためという。
 しかし呉さんは日本に帰化し日本国籍になっていたため、日本の済州総領事館に依頼し韓国当局と交渉した結果、「人道的配慮」としてやっと“帰国”を認められた。
 関係筋によると、呉さんは1日、済州空港の入管検査でいったん入国を拒否され、日本への帰国便を指定され数時間、空港内で足止めされたという。
 呉さんは済州島出身で1980年代以来、留学などで日本に在住し著作活動を続けているが、韓国に対する厳しい批判が多いことから韓国ではマスコミなどで終始、非難の対象になってきた。(ソウル 黒田勝弘)

産經新聞 2007.10.9 配信

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/071009/kor0710091654001-n1.htm 

ーーーーーーーー以上引用

戦前の親日派の財産を没収する韓国は、やはりやることが違う。
韓国では反日以外の考え方は受け入れられない。親日的発言、または韓国批判をしようものなら、ひどい差別や今回のような嫌がらせに遭う。このようなことは、韓国人の自由な発想、考え方を妨げるだけであり、韓国の未来に悪影響を及ぼすことは明白である。

日本政府には、在日問題を含め、韓国、北朝鮮との国交のあり方について考え直すことを望む。

是非クリックお願いします!↓
。


こっちもお願いします!↓
にほんブログ村 政治ブログへ

はげみになります!



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/70-36c841bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。