スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民団に操作された市川市議会 外参権に反対する意見書棄却! 

永住外国人への地方参政権付与を阻止できるか。

依然として厳しい状況ですね。

千葉県市川市議会外参権に反対する意見書が提出されましたが棄却されたようです。

それにしてもやり方が汚い。脅迫といっても過言でないような圧力です。

民団新聞にその時の状況と、民団の意のままに動いた市議会議員の名前があったので引用します。

永住外国人への地方参政権付与「憲法違反」は誤り

市川市議会 反対派の陳情棄却
民団支部の説得が実る


 【千葉】千葉県市川市議会は、永住外国人の地方参政権付与に反対する意見書の採択を求めた陳情を20日、本会議で棄却した。出席議員36人のうち、賛成に回った議員はゼロ。付与反対を表明していた自民と民主の4人は退出、票決には加わらなかった。議案は19日の総務委員会で採択されていた。

 この日の本会議では付与に消極的な姿勢の議員が、「地方といえども明確に憲法違反」との立場を表明。これに対して、公明党と無所属の両会派議員は、「市川市議会はすでに地方参政権付与を求める意見書を採択している」「これまでにも国会で法案が上程されてきたが、憲法違反であれば、内閣法制局が認めるはずがない」と主張した。

 わずか1日で形勢が逆転した裏には、民団市川支部(朴健市支団長)の果敢な働きかけがあった。同支部役員は、民団中央本部の呂健二運動本部長代行と連携をとり、各議員を訪ねて歩き、陳情趣旨の不当性を説いて回った。これを受けて鈴木啓一(自民党)、戸村節子(公明党)の両議員がいち早く動き、各会派所属議員に「市川市議会で通したら恥」と、棄却に向けた説得工作を展開した。

 本会議当日は、民団と市民団体の関係者10人余りが傍聴に詰めかけた。これが最後の決め手となった。陳情書採択に反対していた議員の一人は、「最後は皆さんがたの傍聴が大きな力になった」と語った。

 朝日新聞の調査によれば、昨年の政権交代以降、47都道府県のうち、14県議会が永住外国人の地方参政権の付与法制化に反対する意見書を可決してきた。このうち、7県はかつて、賛成の意見書を可決している。千葉県議会でも昨年12月22日、反対の意見書を可決した。

民団新聞 2010年1月27日付記事




鈴木啓一(自民党)、戸村節子(公明党)

この二人は完全に民団の走狗ですね。

公明党は言うまでもなく民団の奴隷。もう一人の鈴木啓一氏については面白いことがわかりました。

自身のHPにこんな記述が。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~skeiichi/

HP内の中段【表彰・免許】の欄には・・・・・・


・ 平成20年1月13日  大韓民国民団中央本部表彰


ああ、完全に民団の言いなりになっていらっしゃるんですね。




そして、ここも。

本会議当日は、民団と市民団体の関係者10人余りが傍聴に詰めかけた。これが最後の決め手となった。陳情書採択に反対していた議員の一人は、「最後は皆さんがたの傍聴が大きな力になった」と語った。

これを読んで背筋が寒くなりました。

参政権云々の前に既に議会が操られているんですからね。

民団の力がそれほど強いということでしょうが、参政権を与えずともこれほどの力をもっているのに、これに参政権を与えようものならどうなるか。考えるまでもないですね。


参政権を付与していいのか。

この市川市議会の状況が答えなんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

日本人の危機感は正しい

日籍華人参政支援協会
http://rjhr.duan.jp/
「人権擁護法案」の悪影響です。
インドネシアで「華人差別禁止法」が成立しましたが、これによって、華人が政治的影響力を増した事は事実のようです。
「海外脱出」中国人がカナダで大暴走 ノンフィクション作家 河添恵子
http://blog.goo.ne.jp/publicult/e/f4f0b0377e00cecb18f2d101716c8e20
>民主主義国家であるカナダでは、市民権を獲得しさえすれば、政治の世界にも口出しできるからだ。
 バンクーバー島の南端、ビクトリア市の市長は中国系、リッチモンド市の地元有力議員も中国系で、国政にもかかわっている。
また、某メーカーの日本人女性社長はこう警鐘を鳴らす。
「日本人は順法精神があり、その国のルールを守る反面、『政治はお上に任せればいい』という考えで参加しない。中国系はそうではない。やりたい放題やっておいて、自分たちがマジョリティになると、こんどは自分たちに都合のいいルールを決めて、押し付ける。いまや人数も増えており、同じ利益に向かって団結するため、カナダ社会の影響力も増している」

情報屋さんコメントありがとうございます!

いつも有益な情報をありがとうございます。外国を見ればよくわかりますね。参政権なども絶対に与えてはいけませんね。これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして。

今度のことについては、朝鮮人に対して
恐ろしさと共に怒りを禁じ得ません。

日本の議会に対して恐喝まがいのことを行い、
自分たちの都合のいいように覆し、それを
喜ぶさまは異常としか思えません。

はっきりいって、参政権など無くても朝鮮人の
脅威は明白であることが露呈した以上、
何らかの朝鮮人を取り締まる法律が
必要なのではないかと思うほどです。

これ以上朝鮮人たちをのさばらせ、日本を好き勝手にさせることは許されないと思います。


これでは・・・

聴剣さん、今晩は。

日本の政治じは、民団の操り人形でしかない。

ハトは、世論の動向に、「外国人参政権付与法案」を見送る。
そんな態度も打ち出しているようですが、まだまだ楽観視できないが

兎に角、
外国人参政権に賛成した売国議員は、全員~落選させる!

断固阻止!

応援クリック☆



民団新聞が報道

日本のメジャー新聞が必要な報道をせずに、問題を隠蔽する。
こうなってくると、民団新聞を読んで、まーくする必要が有りますね。

マスコミは何処を向いているのでしょうか。

KF

在日朝鮮人の歴史を知らねば日本人として

外国人参政権問題、帰化できない在日事情
ブログ 韓流研究室 の記事ご覧下さい。
マルハン会長の悪しき前例の根絶を!!

在日済州島人の「不法入国」から「特別在留」獲得まで 
-大阪を事例に- 高 鮮徽(鹿児島大学)
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/8108/koh1.htm
●1970年以降の「不法入国」の8割以上を済州島人が占めている。(1970年代半ばからは、大量の集団密航時代に入る。)
●ケース2,男性、1947(23歳)年、済州島で結婚、四・三事件関係の地下運動で罰金刑を受け、一時的避難のつもりで密航(三崎上陸)。翌年、親族が他人名義の外国人登録をしてくれる。30年後に自首して「特在」を取得
●大阪で密航者同士の結婚。夫は強制送還後、再び密航。永住韓国人と同棲し子供が出来る。住民運動の成果により、「特在」認められる。
新・極右評論も重要です。ソフト侵略はとっくにやられている。
愚・左翼、愚極左の寛容さ、おおらかさは日本を明け渡し、譲渡になるので注意です。千葉景子氏の公民権停止を願うばかりです。

民潭の力はナゼ、ここまで強いの?

韓国民団に屈した市川市議会議員は総辞職するべきである。
参政権がない状態でも、市川市議会を動かせるほどの圧力団体である。
このような連中に参政権を与えたら、日本国は乗っ取られてしまう。
今回の民団市川の行為は、まさに、外国人に参政権を与えたら、このような結果になるという縮図である。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/701-03f9170a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。