スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大穴だらけの子供手当!誰のための手当てなのか! 

マニフェストは守らない。その上マニフェストにない政策には一生懸命。



ここまでくると呆れてしまうが、、、、こんなもんじゃない!


これは許せないという記事があったので紹介します。皆さんご存じだと思いますが。




自暴自棄なのか選挙目当てなのか、はたまた日本破壊のための下準備なのか。


子ども手当、正しく支給される? 外国人の海外の子も対象

 国会での法案審議が大詰めを迎えた鳩山政権の看板政策「子ども手当」法案は、外国人の親が日本に住んでいれば海外に住む子どもの分も月額2万6000円が支給される仕組みだ。専門家は税金の使途として疑問を投げ掛け、支給窓口となる自治体は仕組みを悪用した不正受給が横行しかねない懸念を抱いている。9日の衆議院厚生労働委員会でも制度のずさんさが問題となった。

 法案は親について「日本国内に住所を有するときに支給する」とだけ規定。このため、日本への留学生や数年だけ滞在する外国人研修生でも、母国にいる子どもの人数分だけ手当を受給できる。

 これは現行の児童手当と同様の仕組み。厚生労働省児童手当管理室によると、1972年に制度ができた児童手当は、当初は日本国籍を有する者に受給者を限定していたが、国籍による差別をなくす国際化の流れの中で82年に撤廃した。

 児童手当には子どもの住所要件の規定がなく、子ども手当もこれを踏襲した形。同室は「法案準備の期間が非常に短かった。自治体や受給者など現場の混乱を避けるため、児童手当と似た制度にした」と説明する。

 しかし、欧米の社会福祉に詳しい立命館大産業社会学部の深沢敦教授は「そもそも無条件に海外に居住する外国人の子どもまで手当を支払うのは国際的に異例」と指摘。民主党が制度の参考にしたフランスでは、外国人の場合、子が国外に住んでいるケースでは支払わず、例外的に欧州連合(EU)加盟国など30カ国の人に限って支給しているという。

 厚労省によると、児童手当の受給児童は2008年度は1290万人で、支給総額は約9980億円。このうち海外居住の外国人の子どもの人数や額は把握していない。

◆「申請書類を信用」
 子ども手当支給の仕組みは現行の児童手当を踏襲。厚生労働省は「児童手当の不正受給はほとんど聞いたことがない」としているが、社会保障の専門家は「児童手当に比べて金額が大きくなるため、狙われる危険性が増大する」と指摘する。

 「悪徳ブローカーが現地で『子どもが5人いることにすれば何もしなくても大金が入ってくる』と動きだしている」。アジアから研修生を受け入れる中部地方のある団体の責任者は、こんなうわさ話を研修生から聞いた。「そんなはずはないと思ったが、制度を調べて驚いた」と憤る。

 外国在住の子どもがいる場合、公的機関が発行した書類や、子どもへの送金記録などが申請時に必要。だが、岐阜市の担当課は「書類が精巧に偽造されていれば見抜けない可能性はある」と漏らす。

 外国人の証明書の発行機関は学校や警察などさまざまで、確認は困難。長野市の担当者は「申請書類が本物かと言われれば判断がつかない」と認める。児童手当の対象児童数が約20万人の名古屋市の担当者は「国籍は必要がないため、把握していない」と話す。

 9日の衆議院厚生労働委員会に自民党の参考人として出席した三重県松阪市の山中光茂市長は、外国に子がいる同市の外国人は110~120人いることを明らかにした上で、こうした子への支給額が将来的に年間8000万~1億円規模に膨らむ可能性を説明した。

 委員会終了後、本紙の取材に「地方自治体で、外国に本当に子どもがいるかどうかを確認するのは難しいにもかかわらず、国が政策を進めようとしているのは問題」と訴えた。

 

子ども手当 民主党が昨夏の衆院選で掲げた公約で、中学生以下に月額2万6000円を支給する。2010年度は現行の児童手当(年齢などにより5000円か1万円)を含め1人あたり計1万3000円とし、今国会では同年度に限った法案を審議中。政府は11年度から満額を支払う意向を明らかにしている。子ども手当対象者は1735万人と推計され、満額支給の場合、5兆6000億円が必要と見込まれる。


中日新聞 2010年3月10日付記事





国民をばかにしているとしか思えない法案ですね。


日本国民の血税を惜しみなく、外国人の本当に存在するかどうかわからない子供のために支払うってんだからもう・・・・


問題点としては、、、


①そもそも財源が確保できていない。

・・・子ども手当対象者は1735万人と推計され、満額支給の場合、5兆6000億円が必要と見込まれるが、その財源は明確ではない。

②・外国籍の人間に総額いくら支払うのか民主党は全く把握していない。

・・・ここが大きな問題。把握できていないのにどう予算を組むのか。そして、書類の審査のみで審議をどう見極めるのか。その辺りがまったく明確になっていない。記事にあるように偽造される恐れは高い。養子縁組を100人したことにすれば、月に260万円を受給できる・・・。いちいち現地に赴きチェックすることはできないので、基本的に信用するしかない。これは偽造を見抜かれさえしなければ不可能ではない。


③子供手当がどの程度、少子化、子供の貧困に効果があるのか根拠がない。


④虐待をする親や、給食費を支払っていない悪質な親にも子供手当てを支払う。

・・・これは昨今の虐待のニュースを見ていて強く思う。子供のことを一寸も考える事のできない親にも支給されると思うと、怒りがわいてくる。現金支給という方法が、いかにばら撒きだけで子供のためにならないかわかる。どうせパチンコか何かに消えてしまうだけである。


まだまだあるだろうが、ざっと見てもこれだけある。こんな問題だらけの法案を無理やり通そうとしているんだから相当悪質である。


日本が食い荒らされる前に、この法案を廃案に追い込まなくてはならない!

スポンサーサイト

コメント

同感です

はじめまして。突然すみません。

聴剣様のブログ、まったく同感で、コメントしてしまいました。

給食費も払わない親が、子供手当てを支給されてそのお金でパチンコをする・・・有り得ないけど有り得る現実。

ましてや、幼い子がいたとしたら、その子を車の中に置きっぱなしで、その子供が不幸な目に・・・。

そんなことまで考えてしまいますね。
怖い怖い・・・。

登坂勇さんコメントありがとうございます!

初めまして!いや~ホントに登坂勇さんの仰る通り。
外国人云々を抜きにしてもフザケタ法案なんですよね。

現金をバラまくことがどれだけ無意味か。派遣村の一件をみれば一目瞭然だとおもうんですがね。まあ選挙対策。人気取りの醜い政策ですね。

ああ、早くなんとかしたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/705-17f67a50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。