スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ金に群がる、腐った輩が旗揚げだ~! 

今の日本がどれだけ腐ってるかがわかる記事を紹介します。

産経から、カジノ議連発足の記事です。

カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討


 カジノ合法化法案の成立を目指し14日に発足する超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」は13日、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針も固めた。カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため、パチンコによる換金も行政の監視下で合法化させるのが目的だ。
 カジノ法案では、カジノについて、国や地方公共団体が運営を厳格に管理、監督することを定めることで、刑法が禁じる賭博の「例外」扱いにする。民主党の案では、地方公共団体の申請を受けた国がカジノエンターテインメント(特定複合観光施設)区域を指定。地方公共団体は、運営する民間事業者を公募・選定し、警察と協力して違法行為の摘発、監視も行う。
 一方、パチンコは現在、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で「遊技場」と位置づけられ、獲得賞球は、日用品などに交換することになっている。しかし、金地金などの特殊景品に交換し、外部の景品交換所で現金化されることが多い。現金化は「事実上の賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態だ。
 パチンコ業界は客離れの加速とともに、ギャンブル性の高い遊技機の導入が増え、「庶民の娯楽からかけ離れつつある」との指摘もある。これを踏まえ、議連はパチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたい考えだ。

産経新聞 2010年4月14日付記事




なんじゃこりゃ!と言いたくなりますね。

警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針」

カジノ議連はカジノの合法化のために発足するはずなのに、なぜか早々とパチンコ合法化を打ち出してるんですよね。理由は

「カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため」

なんだそうです。そもそもパチンコは存在自体が違法だったはずなのに、なぜ今まで放置してきたんでしょうかね。それで今さら「カジノ法案通すと、パチンコの違法性がばれちゃうからついでに合法にします」っていうんですから、なんなんだ!と言いたくなってしまいますよね。


ご存知の通りだと思いますがパチンコは、風営法第二条第一項第七号において「まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業」として位置づけられています。では何が違法なのか。

それはパチンコでた玉が、景品交換所なる場所で現金化されていることなのです。

ちなみに、風営法でもしっかりと禁止事項として規定されております。

二三条 第二条第一項第七号の営業(ぱちんこ屋その他政令で定めるものに限る。)を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。

 1.現金又は有価証券を賞品として提供すること。

 2.客に提供した賞品を買い取ること。




ではなぜ取り締まることが出来ないのでしょうか。

一つには、パチンコ屋がこの法律の穴を突いているからです。風営法二三条が禁止しているのはあくまで「第二条第一項第七号の営業を営む者」が対象であるので、パチンコ屋と表向きは関係ない景品交換所で行われる換金行為は違法ではないのです。パチンコ屋はここをうまく利用したんです。金の流れは結局パチンコ屋に戻る仕組みになっており、「三店方式(四店方式)」などと呼ばれています。

※三店方式の仕組み

①パチンコホールは客の出玉を特殊景品と交換する。
②客が特殊景品を景品交換所に持参すると、古物商である景品交換所は特殊景品を現金で買い取る。
③景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取り、ホールに卸す。



景品交換所がパチンコ屋の中に無いのはその為なのでしょう。


法の抜け穴だろうが、これだけあからさまな行為が行われていれば、取り締まることも可能だと思われるのですが、国は法的な対策をとらないし、警察も取締りを行わないんです。腐っているとしかいいようが無いですね。


さて、もう一つは警察との癒着です。記事が指摘するようにパチンコの現金化が「事実上の賭博」に当たるにもかかわらず、警察はこれを「黙認」しているんですよね。警察が違法行為を見過ごすことは許されないはずなのですが、これが普通に行われているんです。異常ですね。

警察とパチンコ業界の癒着の一例

自民党遊技業振興議員連盟の役員に平沢勝栄(事務局長)がいます。彼は警察庁出身ですよね。彼はパチンコにご執心で「遊技業等の営業の健全化に関するプロジェクト会議」まで立ち上げている人物なんですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3857981/

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-17/2009111715_01_1.html




議連は「パチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたい」とか言ってるようですが、本当に「健全な庶民の娯楽の場」を作りたいのなら一切の現金化を禁止してから言え!と声を大にして言いたいですね。パチンコ自体を楽しみたいのならば、現金化する必要などこれっぽっちも無いですからね。

それをしようとしないんですから、彼らのいう「健全な庶民の娯楽の場」は実現しないでしょう。

まあ、何にせよパチンコ依存症や子どもの放置死、生活保護費をパチンコに費やしている事実がわかっても、何の対策もしてこなかった彼らには、一寸の説得力も無いことは間違いないですね。
スポンサーサイト

コメント

狂った政治家たちばかり!

こんにちは。

その前にする事があるだろうにと思いますね。
(みんな腐っている!!!)

応援クリック☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/747-d1d999a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。