スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅雪子がブログで弁明「断じて自ら倒れたわけではない」 

13日の衆院本会議場での転倒騒動に関して、三宅雪子議員が自身のブログで転倒事故に関してコメントをしています。


全文引用します。


12日の転倒について

こんにちは。三宅雪子です。
12日の内閣委員会で起きた転倒騒動では、多くの皆さんにご心配をおかけし、心外な展
開とはいえ、結果的にお騒がせしたことをお詫び申し上げます。
この間、励ましやご忠告などたくさん頂戴し、本当にありがとうございました。
それにしても、私がただ転倒したことが、これほどマスコミに取り上げられることになるな
ど、まったく思いもよらぬことでした。
また、負傷した上にパフォーマンスだなどと、いわれなき批判も受け、本当に驚き、かつ悲
しく思っています。また、現在、事実確認や取材もなく、私にとっては思いもよらない報道、
コメントがされてることがとても残念でなりません。
この機会に、きちんといくつかの事実だけをお伝えしておきたいと思います。

まず第一に、当日私は所属の厚生労働委員会に出席していましたが、流会になったた
め、急遽、応援を要請され、内閣委員会の議場に行きました。着いたときはすでに議場は
騒然としており、私は先輩議員の指示に従い、同僚議員と前方に立ちました。その後、採
決の際、背後から不意に押されて前のめりに倒れる格好となったわけです。その原因とな
った議員ご本人が、私に関して心ない批判をされていますが、断じて自ら倒れたわけでは
ないことを強く申し上げます。その場で一言、謝罪があれば済んだ話だったと思うのです
が、否定のみならず、陰謀説や私の人格を否定する発言までされていることには、困惑し
ショックを受けています。

第二に、私は当日に院内の医務室と翌日に都内の病院の二カ所で診察を受けました。
右膝打撲および右膝関節挫傷で全治3週間、車椅子もしくは松葉杖の使用を必要とする
との診断書をいただいていることをご報告申し上げます。。

第三に、私は院内で大袈裟に思われるのを避けるため、車椅子の利用を固辞したのです
が、松葉杖の使い方に慣れておらず歩行に時間がかかりすぎたため、車椅子の利用を周
囲から勧められたわけですが、誤解を避けるためにも取材の際に降りるべきだったと悔
やまれてなりません。また、議場に杖を持ち込むのには手続きが必要で、そうしたことの
ために遅れて議場に入ることになってしまいました。

第四に、席上で一瞬、日ごろの癖で足を組もうとし、痛いことに気づき、すぐ戻したのです
が、あたかもずっと足を組んでいたかのように写真が流布されたことに、もただただ驚愕
するばかりです。実際に打撲をしていたわけですから、組めるはずもありません。

第五に、自民党の議員が私とエレベーターで同乗した際、自分で転んだと語ったとホーム
ページに書かれていますが、そのような事実はありません。このことが私に対しての悪意
ではなく、その方の勘違いであることを、願うばかりです。
いずれにせよ、今回の件では、結果的に、みなさまにご迷惑ご心配をおかけることにな
ったことを重ねてお詫び申し上げ、すでに懲罰委員会に動議が提出されていますので、
その審議を見守りたいと思います。
ありがとうございます。
                                     三宅 雪子


雪子のDO MY BEST 2010年5月16日付




まとめると。

甘利議員に押された。自演ではない。

②ちゃんと診断書を貰っている。

③オーバーな演技ではなく松葉杖に不慣れなため、また遅れたのは松葉杖持ち込みの手続きの為。

④足を組んだのは一瞬。

⑤自民党議員の「自分で転んだと言っていた」との発言は全部嘘。


以上。



①と⑤については、これが三宅議員の虚言であった場合、相手の名誉を傷つけることになります。

三宅議員と民主党は自信満々ですが、映像という動かぬ証拠がある以上、三宅議員が苦しい立場に立たされるのは時間の問題でしょう。



仮に自演であったとしたら、これは許されない行為ですね。
スポンサーサイト

コメント

恥ずかしい人

三宅さんあのぉーもう人間として恥ずかしいから
おやめなさい。自分で飛び出したのバレバレでしょ
甘利議員に謝ってください。と言いたいです。
三宅さんは本当に人として恥ずかしいですそれを
止めない他の民主党議員も異様ですね

ダストさんコメントありがとうございます。

民主党も三宅議員も引くに引けない状況?なんですかね。
時間が経てば結果も自ずとでるでしょう。さてどちらが嘘をついているのか。

まあ、結果は最初から出ているようなものですが(笑

本題はどこに…

揉めている暇があるなら日本が抱える問題の一つ位真剣に考えて頂きたいものです。
もし甘利議員が被害者だったとしても、押す行動をした事自体良いものではありません。

日本のために動いている人たちの集まりなのに、なぜこんなにバラバラなのか。不思議でたまりません

中山さんコメントありがとうございます。

いや、まさしくその通りだと思います。普天間に口蹄疫、景気や中國や北朝鮮の動きなど、問題は山積しているはずなんですよね。しかし国会では笑ってしまうくらい下らないことで盛り上がっているんですよね。


しかし一方で、こんかいの自演疑惑を「下らない」で放置してはいけないとおもうんですよ。都合が悪くなった政治家を葬るという悪しき前例を作りかねません。

こういう卑怯な輩はとっとと政界から追放しなければなりません。まじめに議論することすら出来ないですからね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/753-e4d9ba99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。