スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党はルールも守らない無法者集団 

もう既に多くのブログが報じていますが、私も。

たちあがれ日本の演説を民主党白真勲陣営が妨害した問題です。


詳しい状況がわかる記事を転載します。

民主党VSたちあがれ 初日から殴り合い寸前


 昨年夏の政権交代後初の本格的国政選挙となる第22回参院選が24日公示された。各党党首、候補者が各地で街頭演説などを行い、7月11日の投開票に向け17日間の選挙戦のスタートを切った。東京・新宿駅西口では新党「たちあがれ日本」が第一声を上げていたところ、民主党の候補者が至近距離で街頭演説を始め、小競り合いに発展。互いにマイクを通じて「マナー違反だ」「みんなのスペースだ」と怒鳴り合い、一時騒然となった。

 たちあがれ日本による演説は小田急百貨店前で午前11時15分ごろからスタート。与謝野馨共同代表が演説していた同30分ごろ、民主党比例代表の現職候補、白真勲氏(51)の街宣カーが約30メートル離れた地点で停車、演説を始めた。

 与謝野氏の声はことごとく白氏側にかき消され、平沼赳夫代表らは時折、白氏側をにらみつけて威嚇。だが、白氏側の声は大きくなるばかり。与謝野氏は演説を早々に終えると、血相を変えて白氏の街宣カーのところまで歩み寄り、白氏の応援に来ていた末松義規衆院議員に「ここは公党間の約束で順番を決めているんだ。勝手に入ってくるな。マナーを守れ」と震える声でまくし立てた。小田急百貨店前での演説順は共産党、たちあがれ、公明党の順で決まっていた。

 だが、末松氏もひるむことなく「ここは公道だ。許可も取ってる。言いがかりだ」と胸ぐらをつかんで応戦。与謝野氏も視線をそらさず、両氏の顔は30センチほどまで接近。殴り合いに発展しそうなほどヒートアップした。押し問答は約5分間続き、双方の支持者からも「与謝野、やっちまえ」「こんなことで立ち上がってんじゃねえ」とヤジ。多くの通行人が足を止め、騒然となった。

 両陣営はマイクを通してもやり合った。白氏側の鈴木寛文部科学副大臣が「ここはみんなのスペースだ」と叫べば、たちあがれの比例代表から立候補した元巨人で野球評論家の中畑清氏(56)は「アスリートとして、チームを率いてきた人間として、ルールもモラルもないこの行動は許せない。子供たちにルールを教えていく立場の人がやることなのか」と珍しく憤慨。同党の応援団長の石原慎太郎東京都知事は自らの演説中に絶叫調の「白真勲」コールが起きると「うるさいなコラ!日本人ならルールを守れ。それが民主党か?」と挑発。騒動は、白氏の街宣カーが先に演説を終えて移動するまで約1時間も続いた。


スポニチ 2010年06月25日付記事




動画も有ります。

その1



その2


(その2の2分40秒辺からは異常。気持ち悪さ全開)



この場所での演説は順番を決めて行われていたはずです。そういうルールが決められていた場所のすぐ近くに図々しくも乗り付けて、遠慮もなしに怒鳴り声で演説する。これは如何なものでしょうか。動画の「その2」の2分40秒辺などは演説の妨害を意図していると思われる「白真勲コール」などは異常。

順番が決められている場所で演説が行われている所に邪魔をする訳だから、せめて音量を下げるとか配慮をすべきですよね。それをせず挙げ句の果てに気持ち悪い「白真勲コール」をする。モラルの欠片も無いですね。



さて、この騒動の当事者が言い訳をしています。


【参院選公示】たち日VS民主応援演説新宿駅前ニアミス、民主側が反論


 参院選公示日の24日午前、新宿駅西口でたちあがれ日本民主党の応援演説がニアミスした問題で、民主党・白真勲候補の選対本部長で衆院議員の末松義規氏(54)は「(たちあがれ日本の)代表の演説が終わるまでは待ったが、我々も支持者を待たせていたので、仕方なく演説を始めた。私も長年選挙戦を戦っているが、最初と最後は乱立する。演説をやっているところであとから始めるのは何度もあった」と反論した。

産経新聞 2010年6月24日付記事




言い訳になってないですね。演説の順番を決めていた「たちあがれ」と、いきなり現れて演説を始めた「民主党」のどちらが悪いかなど誰の目にも明らかです。妨害して逆ギレとは大人げないです。



さてこの末松ですが、ブログでは「胸ぐらをつかんだ」はでっちあげだ!といっているようです。



「スポーツ報知」に抗議文を送ることとしました。


6月24日付けの「スポーツ報知」で、「私が与謝野馨議員に対して胸ぐらをつかんだ」という事実無根のでっち上げ記事が載ったことを受け、まず「スポーツ報知」に対して抗議文を送り、記事訂正を要求することとしました。更なる措置については、弁護士等と相談しているところです。
当時、新宿駅西口の現場では、多くの方々が目撃しておられますので、事実関係は完全に明白です。

アラジンのつぶやき 2010年06月26日付記事




どちらが嘘つきか。こりゃ面白くなってきましたね。

それにしても、せっかくマスコミが民主のために静かにしていたのに、末松氏は自ら事を大きくして何がしたいんでしょうね。まあ、問題が大きくなればなるほど民主に打撃がくるのは間違いないですがね。

スポンサーサイト

コメント

与謝野氏の胸ぐらをつかんだという話は誤報。
目撃証人がたくさんいるのにどうして捏造記事を書いたんだか。
http://suematu.blog39.fc2.com/blog-entry-147.html
与謝野馨氏が「バカヤロー! おまえら去れ!!」と叫び、
民主党スタッフに掴みかかろうしたのを
一部スポーツ紙が捏造記事にしたみたいです。
http://gendai.net/articles/view/syakai/124798

おまえらが日本をダメにした さんコメントありがとうございます。

誤報?それならば、末松さんはどうなさるのでしょうかね?名誉うんぬんで訴えないんですか???
ブログで細々と抗議しないで、マスコミの前でぶちまけないとw

ゲンダイ記事をソースにして、捏造とは。。。
目撃証言を集めて提示してください。是非とも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/776-25bb74ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。