スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅首相「ぶら下がり取材」に応じる 

メディア露出を控えてきた首相が一転してぶら下がり取材に応じたそうです。

首相:「ぶら下がり取材」に応じる 参院選に危機感か

直人首相は7日、参院選の応援演説のために訪れた島根県庁(松江市)で、民主党代表として記者団と直接やり取りをする「ぶら下がり取材」に応じた。首相の意向を踏まえ、民主党側が呼び掛けた。11日の参院選投開票日をにらみ、選挙戦が終わる10日まで連日行うとしている。首相は就任以来、ぶら下がり取材に慎重な姿勢をとり続けていたが、参院選の情勢が与党に厳しくなる中、方針転換したとみられる。

 首相は7日、島根県庁前広場で、記者団から自ら掲げた54の目標議席を達成できなかった場合の政治責任を問われ、「人事を尽くして天命を待つという気持ちで、頑張り抜く」と強調。ぶら下がりに応じた理由については「地域の元気な姿について、私の気持ちを伝えたいと思った」などと述べるにとどめ、取材も約1分40秒で打ち切った。

 ぶら下がりは参院選公示日の6月24日以来で、「首相本人がやりたがった」(民主党幹部)という。仙谷由人官房長官は7日の記者会見で「党のマニフェスト(政権公約)を国民にご理解いただけるよう説明する。(参院選の)後半戦に向かってその方がいいと判断された」と説明。記者側には同日午前、党本部から実施方針が伝えられた。

 内閣は政権発足後、ぶら下がりを原則1日1回に減らし、代わりに首相の記者会見を月1回程度開く方針を内閣記者会に打診している。ぶら下がり自体を減らしながら、この時期にメディアへの露出を増やす選挙戦略といえ、都合のいい情報発信のやり方には批判が出そうだ。【青木純、念佛明奈】

毎日新聞 2010年7月7日付記事




時間にして1分40秒!

このぶら下がりは「首相の意向を踏まえ、民主党側が呼び掛けた」そうですが、こんな時間しか与えないこのぶら下がりに何の意味が有るのでしょうか。失言を警戒したいのはわかりますが、余りにも短すぎます。これで、隠れているという批判をかわそうというなら甘過ぎます。

記事にも有りますが、ぶら下がり自体を減らしながら、この時期にメディアへの露出を増やす・・・・
しかも時間は短く、突っ込む隙を与えない。随分と都合のいい情報発信ですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/783-900aa7e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。