スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷氏「政治的判断で個人補償を行うべき」発言は日本に大きな打撃を与える 

これはえらいっこっちゃ。

河野談話、村山談話に続く大失言です。

沖縄問題で離れた左翼票目当ての発言でしょうか。


日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」-官房長官

 仙谷由人官房長官は7日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国との戦後処理について質問を受け、「一つずつ、あるいは全体的にも、この問題を改めてどこかで決着を付けていくというか、日本のポジションを明らかにする必要があると思っている」と述べ、従来の政府の対応は不十分だとの認識を示した。
 これに関連し、仙谷氏は同日の記者会見で、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べ、政治的判断で個人補償を行うべきだとの考えを示唆した。仙谷氏の発言は日韓両国の間に波紋を呼ぶ可能性がある。 
 仙谷氏は、在韓被爆者援護や朝鮮半島出身者の遺骨返還、在サハリン韓国人支援などを挙げ、「案件は多々ある」と述べたが、具体的な対応には言及しなかった。また、日韓請求権協定については「(締結)当時の韓国は軍政下だ」と指摘した。
 日韓両国は1965年に日韓基本条約を締結して国交正常化。同条約と日韓請求権協定により、韓国政府は個人の請求権を放棄した。これについて韓国側では「ご都合主義的な政治的妥結」(歴史研究家)として、再交渉を求める動きがある。

時事ドットコム 2010年7月7日付記事




子ども手当、高校無償化に続く、外国への金のバラまきを高らかに宣言しましたね。

何処ぞの誰かが発言するのとは訳が違いますから。何と行っても官房長官の発言ですからこれは大きな問題になりますよ。


これから起こるであろうことは、


・謝罪と賠償を求める動きが韓国国内で活発になる。

・新たな慰安婦ばあさんが増殖する。

でしょうか。


これを聞いた韓国・北朝鮮はさぞかし大喜びをすることでしょう。

「謝罪と賠償を!」といえば金が降ってくるのですからね。



しかし、仙谷氏はわかっているのでしょうか。

日本が個人へ直接賠償するといっても、それを拒否したことを。

日韓基本条約締結時に賠償という形で大金が韓国政府へわたされたことを。

韓国政府がその賠償金をネコババしたことを。



いやこれは困ったことです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/784-a8117ac8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。