スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総連が朝鮮学校に“授業改竄”指示! 

文科省は朝鮮学校にも高校無償化を適用すると発表しましたね。

おそらく専門官による視察や調査によって、無償科を適用するに値すると判断されたのでしょう。

しかし政府は3月の段階で、「第三者機関に朝鮮学校の教育内容を検証」させると言っていました。

朝鮮学校にしてみれば、準備する時間などたっぷりとあった訳です。

日本の教育内容になるべく沿わせ、都合の悪い部分は隠すなんてのは簡単なことですね。



だって教科書にはこんな記述があったんですよ?

こんな記述があって、どうやったら適用OKが出せるんでしょうかね。。。


・故金日成主席、金正日総書記父子を神格化し、 北朝鮮の政治思想である「主体思想」や軍をすべてに優先させる「先軍政治」などをたたえ

・小泉純一郎元首相が平成14年9月に訪朝したことを「反共和国(北朝鮮)孤立圧殺の策動が危機にひんした」ためだと説明し、「朝日平和宣言(日朝平壌宣言)発表以後、日本当局は『拉致問題』を極大化し、反共和国、反総連、反朝鮮人騒動を大々的に繰り広げた」と書き

・拉致問題については「拉致は犯罪」との認識は全く見られず

・核・ミサイル問題についても、日本当局や言論機関が「総連を瓦解させようとする謀略宣伝を敢行した」などと書いている。




当然専門家による視察の際には、こういうものは隠されますよね。



んで、「やっぱりそうでした」っていう記事が。。


文科省の前では金父子「礼賛」封印 総連が朝鮮学校に“授業改竄”指示 


 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が全国の朝鮮高級学校(高校)に高校授業料無償化適用を検討するための文部科学省の視察に合わせ、金正日総書記を礼賛する歴史授業をなくす時間割の改竄(かいざん)を指示していたことが内部文書や総連関係者の証言で4日、分かった。思想教育に使われる資料室の封鎖も命じていた。文科省は今月中にも適用に関する方針を決める見込みだが、視察では周到に用意された授業を見せられたことになり、適用の検討のあり方が根本から問われそうだ。
 朝鮮総連関係者によると、文科省からの視察の通知を受け、6月22~23日、東京の総連中央本部に教育関連幹部や全国の朝鮮学校の校長が集められ、無償化に関する緊急対策会議が開かれた。対応策が協議され、統一した想定問答が決められたという。
 文科省の専門官らによる全国10カ所の朝鮮高級学校への視察は7月6~14日に行われた。総連関係者によると、中央での会議を受け、7月上旬に学校ごとの対策が下され、故金日成主席・金総書記父子を礼賛する教育の柱となる「現在朝鮮歴史」などの歴史授業を視察当日のカリキュラムから外すよう指示された。
 また、職員室や校長室から故金主席と金総書記の著作集と金父子の肖像画を撤去するよう指示。各校には、故金主席の胸像や金父子の業績をたたえる図書資料が収められた「研究室」と呼ばれる資料室が設置されているが、この部屋に撤去した著作集や肖像画をしまい、施錠するようにも命じられた。
 研究室は以前、「革命歴史研究室」と呼ばれた。思想教育の中心施設として通常は生徒らに開放されているが、視察時に限り、文科省専門官らの目に触れないよう、封鎖したことを意味した。

 産経新聞が入手した朝鮮学校の教員向けに出された内部文書では、「当日の時間(割)表の変更確認」と、担当教員へ授業の改竄を再確認するよう指示。来訪する文科省の専門官の実名や来訪時刻が明記され、《文科省の学校訪問はビデオ撮影され、高校無償化に関する第三者委員会(専門家会議)で重要な審議資料になることを認識し、居眠りや私語は慎む》など、生徒の授業態度にまでこと細かく注意が下されていた。
 視察当日、カリキュラムが変更され、歴史授業が行われなかったことは複数の関係者が確認している。しかし、関西地方の朝鮮学校では、視察した専門官らは歴史授業について一切、質問しなかったという。
 文科省は「日本の高校に類する教育」を無償化適用の判断基準にしている。だが、重要な判断要素である教員資格についても、朝鮮学校の教員は総連系の朝鮮大学校の卒業生が占め、日本の教員免許を持たないにもかかわらず、質問がなかったといい、視察が極めて形式的になされたといわざるを得ない状況だ。
 朝鮮学校への視察について、文科省の担当部署は「一切コメントできない」としている。

産経新聞 2010年8月5日付記事





まあ、予想通りというか、想定範囲内ですよね。





それよりも驚きなのは、そういう偽装・改竄を見抜けなかった「専門官(笑)」のダメっぷり。

最初っから適用を前提に立ち上げられた会議だったんでしょうね。


そもそも

専門官のメンバーも公表しない。

最終的に適用を決めた、その根拠も発表しない。




この時点で信用なんてのはゼロですから。

こんなんじゃ誰も納得しないです。


政府がどのような判断を下すか、注目しましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/804-9740f2cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。