スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菅談話】中国「俺たちにも謝罪しろ」 

【首相談話中国紙も高い関心「日本のおわびは韓国だけでない」

 11日付中国各紙は、日韓併合100年を受けた菅直人首相の談話について、第一財経日報が1面に菅直人首相の写真を掲載し「日本が謝罪」と大きく報じるなど高い関心を示した。各紙は談話を評価する見方を紹介する一方で「日本がおわびをしなければならないのは韓国だけではない」(新京報)とも指摘している。
 新京報は、論評記事の中で「植民地支配や侵略を受けたのは韓国だけにとどまらない」として、北朝鮮のほか中国、東南アジア諸国も「同様に日本帝国主義の苦しみを味わった」と指摘した。環球時報は「日本は中国に謝罪するか」と問題提起した。
 各紙は「民主党政権下で脱右傾化している」(新京報)と評価したほか、菅内閣の全閣僚が15日の終戦記念日に靖国神社に参拝しないことを伝えた。(共同)

産経新聞 2010年8月11日付記事



中国からすれば、「なんで俺たちには謝らないんだ?」と思うだろう。政府は、併合百年にあわせて談話を発表した。だから韓国のみへの謝罪になったが、他国からすれば「なんで俺たちには」という風になる。当たり前である。
北朝鮮だって同じ気持ちだろう。併合されたのは同じなのになぜ?と。

そういうことにも全く配慮せずに、己の考えのみで談話などを軽々しく発表した結果である。

これからアジア各国からどう責められるか。
見ものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/809-07d168ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。