スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国外務次官「日本の独断専行に強烈な報復措置を講じる」  

尖閣諸島での事件以来、中国による恫喝がエスカレートしていますね。

こんどは「強烈な報復措置」だそうです。何をしてくるんでしょうか。


中国外務次官「日本の独断専行に強烈な報復措置を講じる」
中国外交部の王光亜副部長(外務次官)は、日本側が19日午後に中国漁船船長の不法拘置の延長を決めたことについて、丹羽宇一郎・駐中国大使に強烈な憤慨と抗議を表明した。王副部長は「日本側が船長を即時無条件解放しないなら、中国側は強烈な報復措置を講じる。その全ての結果は日本側が負うことになる」と指摘。「日本側のつくり出した今回の事件は中日関係に深刻な損害をもたらした。今後事態がどう推移するかは、完全に日本側の選択にかかっている」と強調した。(編集NA)

人民網日本語版 2010年9月20日付記事





過激ですね~~。


そうそう、APECは日本で開催されます。ここが一つの大きなポイントになりそうです。

開催を前に態度を軟化させてくるか、はたまた不参加を表明してくるか。


もう少し見守る必要がありそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/822-02c165de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。