スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の感動を呼んだ佐久間艇の悲劇 

1910年(明治43年)4月15日、広島湾沖で潜水訓練中の潜水艦が遭難する事故が起きました。海水が潜水艦の内部に入り込み、後ろに大きく傾き海底に沈んでしまったのです。艇長の佐久間勉と乗組員13人は、艇を浮上させようと排水などの手段を尽くしましたが、成功しません。やがて、乗組員全員が呼吸困難のため窒息死するという痛ましい事故でした。 日本海軍が初めて潜水艇を保有したのは、日露戦争が終わった1905年(明治38年)秋の事でした。潜水艇とは潜水艦の小さなものでした。六号艇とも呼ばれていた佐久間艇は全長22mで、世界最小のものでした。この頃の潜水艇は、構造的にも不備なところが多く、技術においても未熟な点があったのでしょう。

 数日後、佐久間艇は引き上げられました。潜水艇の遭難事故はヨーロッパでも度々起きていました。そのとき、引き揚げられた艇の扉を開けると、そこに多くの乗組員の遺体が群がり、乱闘のあとさえあったということです。何とかして助からんために、水明かりのするハッチに殺到していたのでしょうか。 ですから、関係者たちの間では佐久間艇もそのような状況かもしれないと、思われていました。 

ところがハッチを開けると、艦長の佐久間は司令塔で指揮をとるままに息絶え、舵取はハンドルを握ったまま、各々自分の持ち場を離れずに絶命していて、とりわけ取り乱した様子が無かったというのです。さらに、佐久間は苦しい息の中で遺書を書き残していました。その遺書には、部下を死なせてしまった罪を謝り、部下が最後まで沈着に任務を尽くしたこと。また、この事故が将来、潜水艇の発展の妨げにならないこと、さらに沈没の原因とその後の処置について書き、最後に明治天皇に対し、部下の遺族の生活が困窮しないように懇願していました。
 
死の直前に、取り乱さないばかりか、後世のために遺書を記していたことは驚きでした。
 
 国内のみならず欧米各国においても、この事件について新聞や雑誌が大きく取り上げました。イギリスの新聞『グローブ』紙は「この事件で分かることは、日本人は体力上勇敢であるばかりか道徳上、精神上にもまた勇敢であることを証明している。今にも昔にもこのようなことは世界に例がない」と驚嘆しました。また、各国の駐在武官は、詳細な報告を本国に伝えるとともに、海軍省を訪れて弔意を表明しました。これらは通常の外交儀礼をはるかに超えたものと言われます。
 明治の詩人である与謝野晶子は、佐久間を悼んだ短歌十二首を歌いました。
 
「瓦斯に酔ひ息ぐるしくとも記おく沈みし艇(ふね)の司令塔にて」

「武人(もののふ)のこころ放たず海底の船にありても事とりて死ぬ」


 明治天皇からは、遺族にお見舞い金を届けるという特別のはからいがとられました。佐久間の遺書に応えたことになります。

また、海軍省と朝日新聞によって義援金の募集が行われ、現在の価格では億単位になる56,000円のお金が全国から寄せられました。
 
 この事件は、今では語られることはなく、佐久間勉の名前を知る人は殆どいません。しかし、当時は国内のみならず、世界の人々に感動を与えたのでした。
 




佐久間艇長の遺書




小官の不注意により
陛下の艇を沈め
部下を殺す、
誠に申し訳なし、

されど艇員一同、
死に至るまで
皆よくその職を守り
沈着に事をしょせり

我れ等は国家のため
職に倒れ死といえども
ただただ遺憾とする所は
天下の士は
これの誤りもって
将来潜水艇の発展に
打撃をあたうるに至らざるやを
憂うるにあり、

願わくば諸君益々勉励もって
この誤解なく
将来潜水艇の発展研究に
全力を尽くされん事を

さすれば
我ら等一つも
遺憾とするところなし、

 

沈没の原因

ガソリン潜航の際
過度探入せしため
スルイスバルブを
締めんとせしも
途中チエン切れ
よって手にて之を閉めたるも後れ
後部に満水せり
約二十五度の傾斜にて沈降せり

 

沈据後の状況

一、傾斜約仰角十三度位
一、配電盤つかりたるため電灯消え
電纜燃え悪ガスを発生
呼吸に困難を感ぜり、

十四日午前十時頃沈没す、
この悪ガスの下に
手動ポンプにて排水につとむ、

一、沈下と共にメインタンクを
排水せり
灯り消えゲージ見えざるども
メインタンクは
排水し終われるものと認む

電流は全く使用するにあたわず、
電液は溢れるも少々、
海水は入らず
クロリンガス発生せず、
残気は五百ポンド位なり、
ただただ頼む所は
手動ポンプあるのみ、

ツリムは安全のため
ヨビ浮量六百
モーターの時は二百位とせり、


右十一時四十五分
司令塔の灯りにて記す




溢入の水に浸され
乗員大部衣湿ふ寒冷を感ず、
余は常に潜水艇員は
沈着細心の注意を要すると共に
大胆に行動せざれば
その発展を望むべからず、
細心の余り
萎縮せざらん事を戒めたり、
世の人はこの失敗を以て
あるいは嘲笑するものあらん、
されど我は前言の誤りなきを確信す、


一、司令塔の深度は五十二を示し、
排水に努めども
十二時までは底止して動かず、
この辺深度は十尋位なれば
正しきものならん、


一、潜水艇員士卒は
抜群中の抜群者より採用するを要す、
かかるときに困る故、
幸い本艇員は皆良くその職を
尽くせり、満足に思う、


我は常に家を出ずれば死を期す、
されば遺言状は既に
「カラサキ」引き出しの中にあり



(これ但し私事に関する事を
言う必要なし、
田口浅見兄よ
之を愚父に致されよ)



公遺言

謹んで陛下に申す、
我が部下の遺族をして
窮するもの無からしめ給わらん事を、
我が念頭に懸かるものこれあるのみ、


右の諸君によろしく(順序不順)
一、斎藤大臣 一、島村中将
一、藤井中佐 一、名和少尉
一、山下少将 一、成田少将


(気圧高まり
鼓膜を破らるる如き
感あり)


 
一、小栗大佐 
一、井出大佐
一、松村中佐(純一)
 一、松村大佐(竜)
一、松村少佐(菊)
(小生の兄なり)
一、船越大佐、
一、成田鋼太郎先生
一、生田小金次先生
 

十二時三十分
呼吸非常に苦しい
ガソリンをブローアウト
せししつもりなれども、

 

ガソソリンにようた

一、中野大佐、

十二時四十分なり、

・・・・


参考・引用
『教科書が教えない歴史』藤岡信勝 自由主義史観研究会 

・遺書(全文引用)
http://www.hokuriku.ne.jp/montanyu/sakuma100.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の美談ときくと、嫌悪を抱く人もいるかもしれません。「けしからん!戦争を賛美するのか!」とかね。

ここから何を学ぶのかは、人それぞれだと思います。

読んでくださった方々は何を感じましたか?


是非クリックお願いします!↓
。


こっちもお願いします!↓
にほんブログ村 政治ブログへ

はげみになります!



FC2ブログランキング



スポンサーサイト

コメント

はじめまして
良い話ですね。初めて知りました。ありがとうございます。

戦前戦中の話、特に軍事の話はすべて否定的にしか捉えられない人が多すぎますね。
東郷提督の話でさえ日本人は知らなさ過ぎです。
このような話を教育現場でして行けば日本人も誇りを取り戻すことができると思います。

グリッティさん見てくだすってありがとうございます。

そうですね。歴史をとってみても、ただただ日本は侵略戦争をした悪い国だった。みたいなことばかりが教えられて、、、これじゃ子どもは日本は最悪な国だ。こんな日本を愛せるか。ってなるのは当たり前ですよね。

日教組の影響がやっぱり大きいのでしょうか。

儒教道徳を持つ明治の軍人

柳 四郎
明治期の軍人と昭和の軍人との違いを理解すべきです。

司馬遼太郎が「坂の上の雲」で書いた尊敬すべき軍人の人物像。

ここに書かれてる人々はすべて武士の末裔・・儒教の徒です・・昭和の軍人と道徳律が違うのです。

明治維新で政権を取った薩長の武士は・・新政府のよってたつ権威を天皇・・国家神道に求め・・天皇を神とした荒唐無稽な国家神道を道徳教育の柱としたのです。

昭和の軍人は天皇を神とした荒唐無稽な国家神道の道徳教育を受けて育った人々です。

天皇が神であると信じた人々です・・・・。

儒教道徳を持つ明治の軍人・・武士の末裔と・・・

国家神道の道徳教育を受けて育った昭和の軍人を同じように扱うことは間違いです。

鬼畜米英を叫び・・・日本が神の国だと信じる軍人・・・当然行動の違いが在って当然でしょう。

僕のブログに貼ります。
http://riyushirou.blog96.fc2.com/blog-entry-560.html

>柳 四郎さん
ごぶさたしとります。
司馬遼太郎作品僕も好きです。

なるほど。その始まりはやはり教育勅語になりますか。

日露戦争では、日本はハーグ条約をきちんと守っていましたしね。休戦中に敵軍と酒を酌み交わしたという逸話や、ロシア兵俘虜を愛媛の松山が丁重に扱ったという話は有名ですよね。

明治と昭和の軍人では、生きてきた時代、受けてきた教育は違いましょう。
しかし、大きな違いはそこではなく、精神的な余裕、また食料などの戦力的な余裕。ここではないでしょうか。

捕虜の扱い方でいいますと、「バターン死の行軍」と言われた悲劇がありましたよね?あれは日本軍が捕虜に食料や水を与えずに殺したっていう話ですが、あれは日本軍にすら水や食料はなかった。そこに7万でしたっけ?そのくらいの敵国兵士が投降してきたらどうなるかは容易に想像がつきます。

ついでにいえば、捕虜を飢えさせまいと、ごぼうを与えた日本人が、捕虜虐待で裁かれたとありますよね。食糧難の時代です。外人はごぼうを木の根と思たんでしょうね。

なにが言いたいのかというと、明治も昭和も人々はさほど変わりはなかった。しかし、国力は疲弊し、兵士ですら満足な食料を与えられていなかったということに問題があるのではないでしょうか。

鬼畜米英などは、四方に敵を作って核持ったり、ミサイル発射したりしている北朝鮮と同じような感じなのでは。国は内政が危うくなると外に敵を作るものです。国民をまとめるには共通の敵を作る。これが一番楽です。韓国が国を挙げて反日教育を行なっているのとちょうど同じでしょうか。

第二段,有難うございます.

私も犬HKドラマが始まる前に・・と,「坂の上の雲」を図書館に借りに行きましたが,貸し出し中でした^^;;

自己愛が中心の欧米の考え方では,佐久間さんの真似はできなかったでしょうね.

感動してしまいます.

死の間際に部下を案じたり,部下の家族のことまで考えが及ぶ「上司」と捉えれば,わからずやの戦争反対論者にもわかりやすいんだろうけど・・

そんなの無視するんだろうなぁ・・(´・ω・`)ショボーン

ままぞんさん
どうもです!坂の上の雲なかなか借りられませんよね/僕も借りたいのですがいつも貸し出し中です。

他国の潜水艦が沈むと中で殺し合いしていることもあるみたいですしね。なかなかできないことです。

ん~とにかく戦前を全て否定しますからね。

ω・)チラッ
うちのほうにトラバが来てないみたいです・・

ぜひよろしく!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/83-0dd646a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。