スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて北京五輪ボイコットを。 

「北京の大気汚染は深刻」UNEPが五輪控え

国際オリンピック委員会(IOC)など主催の「スポーツと環境世界会議」が25日から3日間の日程で北京で始まった。北京五輪組織委員会は環境保護対策の成果をアピールする予定だが、国連環境計画(UNEP)は同日発表した北京市の環境調査報告書で「大気汚染は依然として市民生活の大きな懸念だ」と指摘。イメージアップをねらう組織委の主張と大きく食い違っている。
 組織委は約200ページにわたる金表紙の報告書を作製し、会議参加者に配布した。それによると、北京市は1998年以降、環境保護計画に招致段階の公約を200億元以上上回る1230億元(1兆8730億円)を投入した。大気の質が国家基準を満たした日数も年々増加。大気の汚れの目安となる二酸化硫黄、一酸化炭素、二酸化窒素、粒子状物質は平均13・8%減少したと主張する。
 しかし、今年2~7月に調査を実施したUNEPは「人体にとって危険の高い粒子状物質が世界保健機関(WHO)の定めた基準値の2倍以上になることもある」と指摘しており、組織委側が都合のいい調査結果だけを抽出して報告していることがうかがえる。
 北京五輪の準備状況を確認するIOC調整委員会のフェルブルッゲン委員長は同日の記者会見で「来年の五輪開催にはリスクはない」と表面上は組織委を擁護した。大気汚染が深刻な場合、マラソンなどの持久系競技が延期されるなどの流言も否定したが、大気汚染が依然として関心事であることは認めた。
 「スポーツと環境世界会議」は1995年に始まり、今回で7回目。これまでローザンヌ(スイス)を皮切りに長野やトリノ(イタリア)などで開催されてきた。今回のテーマは「計画から行動へ」。
産經新聞 2007年10月25日付記事

ーーーーーーーーーーー以上引用

食物は汚染され大気中には粒子状物質が舞う中国。中共は北京五輪開催のための、環境や人権のアピールに余念がない。しかし実際には、直訴村の撤去、法輪功やチベット人に対する虐殺が未だ行なわれており、環境問題も相変わらずである。

一党独裁、国土汚染、人権蹂躙、、、今の中国には、どこを探しても五輪を開催する資格などない。
このような国に選手を送ることは、死地に追いやるも同然だ。

日本政府には北京五輪ボイコットをお願いしたい。

                                聴剣



FC2ブログランキング


。


にほんブログ村 政治ブログへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/86-b7a0988c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。