スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金大中事件~日本は犯人を裁け!~ 

金大中事件究明委員長逆ギレ 「日本は調査に協力せず」

金大中前大統領が野党指導者だった1973年に東京のホテルから拉致された「金大中事件」の調査報告書を発表した韓国政府「過去事件の真相究明委員会」の安秉旭委員長(カトリック大教授)は26日記者会見し、事件の調査に「日本は協力しなかった」と述べ、不快感を示した。
 また日本が捜査協力を要請した場合の対応について「日本は自ら持つ資料を調べるだけで十分だと思う」と述べ、公表した調査結果以外の資料提供に否定的な考えを示した。さらに調査を中断した方がいいとの「日本の意思」が間接的に何度か伝えられ、調査報告の発表が遅れる原因になったと述べた。
 安氏は日本が協力しなかったとする具体例を明らかにしなかったが、同委が調査した他の人権侵害事件では、関係したドイツなどから協力を受けたとし、「それに比べ日本の態度は残念に思えるほどだった」と述べた。   

産經新聞 2007年10月26日付記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「気分害する日本は小さな国」金大中事件で韓国真相究明委
 
 韓国の「過去事件の真相究明委員会」は26日、ソウルで記者会見し、「金大中氏拉致事件」(1973年)の報告書を巡って、日本の警察当局による捜査再開を求める意見が日本政府内であがっていることに反発し、「今さら問題提起するとは遺憾だ」などと述べた。

 同委は韓国政府傘下の公的機関で、大学教授や弁護士らが委員として調査を指揮した。

 記者会見には7人の委員が出席。事件が韓国政府の犯行だったと初めて認めた今回の報告書が外交問題となる可能性に質問が及ぶと、出席者は「我々は調査をするだけで日本政府がどう考えようと問題ではない」と発言。さらに「日本側は我々の立場を理解し静かにした方が互いのためだ」「こんなことで気分を害するなら小さな国だと思う」などと日本批判を展開した。

 日本政府が今後、供述調書などの資料提供を求めた場合の対応についても、「我々は十分に調査した。(日本が)再び捜査するというなら気に入らない」と不満をあらわにした。

読売新聞 2007年10月26日付記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金大中事件の謝罪「当時の政権関係者が行うべき」

1973年の金大中事件について情報機関の中央情報部(KCIA)の組織的犯行との調査結果をまとめた「過去事件の真相究明委員会」は26日、記者会見し、安炳旭(アン・ビョンウク)委員長が、主権侵害に関する日本への謝罪について、「盧武鉉政権より、金鍾泌氏(当時首相)など当時の政権関係者が行うべきだ」との考えを示した。
 委員会は中央情報部の後身の国家情報院に設置されている。安委員長は「われわれの立場は事実を調べる国家情報院の立場」としたうえで、「日本側は(KCIAの関与を)知りながら否定して政治決着したというのが真実であり、日本の対応を遺憾に思う」と述べた。また、「日本は『調査結果を公表すれば(日本側も)捜査を再開する』と再三にわたって表明し、われわれに圧力をかけた」と不快感を表明。今調査資料を日本側に伝達する考えのないことを示唆した。

産經新聞 2007月10月26日付記事

ーーーーーーーーーーーー
金大中事件で日本の主権を侵害したと、認めた「過去事件の真相究明委員会」が、なんと逆ギレしたようだ。
当時の日本政府が、反共の最前線にいた韓国に配慮して捜査打ち切りをしたというのに、これを「日本も加害者だ」と言ったのだ。

主権を侵害された日本が加害者?


ありもしない慰安婦問題に対しては、現在の日本政府に謝罪謝罪!と五月蝿い韓国が、自国が行った主権の侵害に対し、現政権の謝罪は必要無しとするは・・・orz なんともおめでたい連中である。

日本で行われた犯罪であるというのに、日本で何も調べないで本当に真相究明できたのか?「過去事件の真相究明委員会」が日本が捜査すると言ったら怒った。なにか都合の悪いことでもあるのか?

在日が何かしたのかどうなのか・・・


新聞「赤旗」の記事はなかなか良いことを言っているので紹介する。


迫られる“政治決着”見直し
暗殺計画の疑い濃厚


韓国の情報機関・国家情報院の真相究明委員会が二十四日、一九七三年に発生した金大中氏(その後、韓国大統領)拉致事件について、当時のKCIA(韓国中央情報部。現在の国家情報院)による組織的な犯行とする報告書を発表しました。これは同国政府が初めて事件への関与を認めたことであり、形だけの「謝罪」にとどまらず事件の再捜査と、これまで日韓両国間で二度にわたって交わされた不透明な「政治決着」の見直しの必要性を改めて示すものです。
“単純な拉致”か
 金大中事件は、朴正煕大統領(肩書はいずれも当時)の対立候補だった金氏が、滞在中の東京・飯田橋のホテルから、白昼堂々誘拐され、五日後にソウルの自宅付近で解放されたもの。
 報告書は事件について、李厚洛KCIA部長が部下に指示、駐日大使館の海外要員が作成した「KT(金氏のイニシャル)工作計画案」に基づき、現場から指紋が発見された金東雲(本名・金炳賛)一等書記官らが実行し、KCIA要員二十四人がかかわったとしています。
 朴大統領の関与については、「指示した可能性」は排除できず「少なくとも暗黙の了解があった」と述べています。
 また、当初の計画案には「在日韓国人の暴力団幹部」を使った金氏「殺害案」もあったが、日本の警察の動きなどから断念、ホテルから金氏を連れ出した段階で、単純な「拉致計画」だったなどとしています。
 これに対して金大中氏は「殺害目的の拉致事件であるのは明らかで、最高指揮者は当時の大統領だと思う」とし、あわせて「捜査を放棄した日本政府と、これを隠ぺいした韓国政府がともに大きな過ちを犯した」などとする秘書官名義のコメントを発表しました。
重大な主権侵害
 実際、事件はそんなに生やさしいものではなく、七〇年代当時の日韓両国の“暗部”が絡んだ重大な国際犯罪でした。
 たとえば、金氏が押し込まれ麻酔をかがされたホテルの部屋には、犯人がよほど慌てたのか実弾入りのピストルの弾倉、麻酔薬を入れていたと見られる小瓶などとともに大型のリュックサック二個、ナイロン製ザイルなどが残されていました。また、バスルームのシャワーが出しっぱなしにされていました。
 これらは、金氏を殺害した後、解体・血抜きしリュックにつめて運び出そうとしたものの、来日中の韓国政治家二人に目撃され騒がれたため、果たせなかったとの強い疑いを残すものです。
 そればかりか、金氏を乗せ、貨物船を装った工作船「竜金号」は関門海峡を通り出入国管理を突破。釜山に上陸するまでの日本海でも、金氏は両足に五十キロほどの重りを付けられ、船員らの会話から海に投げ込み「殺されると思った」が飛行機が飛来、警告したため助かったと証言しています。
 事件は暗殺計画の疑いがきわめて濃厚な、韓国の公的機関による国際犯罪であり、公然たる主権の侵害でした。
韓国の言いなり
 そのことは、事件直後の田中伊三次法相の「第六感によれば、この国の秘密警察がやったこと」との国会答弁以来、マスコミや民間団体の調査活動、さらには米議会聴聞会でのレイナード(元国務省朝鮮部長)証言などでほぼ明確でした。しかも九八年には韓国の新聞・東亜日報が、KCIAが朴大統領に報告した極秘文書を入手し報道。事件の詳しい実態とともに、四十六人に及ぶ要員の本名から役割分担までを明らかにしていました。
 ところが韓国側は、これらを一貫して否定。指紋を採取された実行犯・金東雲の任意出頭要求さえ拒んできたのです。
 問題なのは、日本政府が韓国側の言いなりで、二度にわたる「政治決着」で事件をうやむやにしてきたことです。
 一度目は事件直後の七三年十一月。金東雲が事件に関与した「疑い」を認め免職にしたと、当時の韓国首相が来日、田中角栄内閣はこれを「了承」しました。この陰では“昭和の妖怪”こと岸信介元首相、朴大統領の“黒幕”趙重勲や田中首相の“黒幕”小佐野賢治らがひんぱんに接触。「朴大統領から田中首相に三億円が渡った」との複数の証言さえあります。
 二度目は三木武夫内閣時の七五年七月。金東雲を不起訴にしたが「公務員としての地位を喪失させた」との口上書に、宮沢喜一外相(後に首相)が「これで決着した」との見解を発表、世論のひんしゅくをかいました。

しんぶん赤旗 2007年10月28日付記事

ーーーーーーーーーーーーーーー

>当初の計画案には「在日韓国人の暴力団幹部」を使った金氏「殺害案」もあった

やはり、在日は韓国・北朝鮮の手先か。しかも暴力団。救いようのない連中だ。


>ところが韓国側は、これらを一貫して否定。指紋を採取された実行犯・金東雲の任意出頭要求さえ拒んできたのです。

日本がさんざん頼んでも協力してもらえない。後々になって文句を言うとは不愉快なはなしだ。


この事件は、犯人の国外逃亡によりいまだ時効停止中だそうだ。徹底的に追いつめ裁いてくれよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/90-07bd14d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。