スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会・公明党をつぶせ! 

創価学会会長が聖教新聞で「自民党離れ」を示唆

我らは「人物本位」で政治家を評価??。公明党の支持母体、創価学会の機関紙「聖教新聞」10月4日付に、こんな見出しの記事が掲載され、政界関係者の話題を呼んでいる。記事は創価学会創立80周年に向けた座談会で、原田稔会長をはじめ正木正明理事長ら6人の幹部が出席。福田内閣の発足について原田会長が「期待する声、厳しい注文の声等々、国民の反応はさまざまだ」と指摘。別の出席者が「我が創価学会は、あくまで『人物本位』だ」(正木氏)、「我々は政治団体じゃない。どの政党、どの議員を支持しようが全く自由だ」(山本武副理事長)と強調。さらに正木氏は「特にさんざん応援をしてもらいながら大恩ある支持者を裏切る。逆恨みする。悪党と結託して牙をむく。そういう恩知らずどもとは徹底的に戦おう」と、選挙協力をした自民党を批判したとも受け取れる発言をしている。同記事には、激しく対立してきた共産党について、1974年に結んだ「創共協定」を引き合いに、「池田大作名誉会長は、あれだけ学会を目の敵にしていた共産党とも協調した。どれほど幅があるか。懐が深いか」などとも書かれている。創価学会は将来、自民党が野党に転落し、民主党を中心とする反自民勢力結集の動きが出てくることを想定して、戦略を再構築し始めたのではとの憶測も出ている。

FACTA ONLINE より引用
・http://facta.co.jp/article/200711044.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
政権与党に寄生する公明党の支持母体である創価学会が、次期衆院選での自民敗退を恐れて保険をかけたか。どこまで汚い連中なのであろうか。

記事中で「我々は政治団体じゃない。どの政党、どの議員を支持しようが全く自由だ」などとほざいているが、嘘をつけ!池田大作の指示で動くだけのロボットであろう!自由などあるものか。


自民党は自ら公明党との連立を解消せよ。そして池田大作の証人喚問を行い、P献金疑惑を含め創価学会・公明党の悪事を暴いてほしい。さすれば衆院選勝利も簡単だ。


創価学会撲滅を願う



関連リンク

産経記事 :ワシントンの創価学会施設建設が波紋呼ぶ
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071017/amr0710172011019-n1.htm

カルト教創価学会は米国でも迷惑?

スポンサーサイト

コメント

風船宗教の恐ろしさ

さまざまな人から、そして学会員からも聞いてみています。強烈な信者もいました。
しかし、他者排斥を謳う宗教が国政の中心に
いることは許せません。
カルトに大声を上げても聞く耳を持ちません
だから、今事実に視線を合わせていない一般
大衆である友から事実を伝える努力をしていきたいと考えます。
記事使わせてもらいました。ごめんなさい。

こめんとありがとうございます!
私のまわりにも学会員が多く、選挙のたびに連絡が来ます。彼らには自分の意志が無いんです。僕は何故公明党にいれるのか?となんども聞きました。しかし、僕の納得のいく回答はありません。公明党はすばらしい、なんでって・・・など。まあ普段は無害で人の良い人間なんですが。
洗脳って恐ろしいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/94-7a0c329c

創価「新聞支配」か

 創価「新聞支配」か 会員が体験談発表-丸亀で平和の文化フォーラム  争いのない世界を目指す「平和の文化フォーラム」(創価学会香川女性平和委員会主催)が28日、香川県丸亀市塩屋町の創価学会丸亀文化会館で開かれ

  • [2007/10/30 16:18]
  • URL |
  • 博士の独り言 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。