スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英番組「中国のオリンピック虚言」 北京に存在する裏刑務所 

来年の北京五輪に備え、強引な都市整備と開発を進める中国。その陰には、家を取り壊され、立ち退きを余儀なくされた人々が150万人いるといわれている。支払われる保障金はわずかであり、また全くもらえないケースも多いという。政府の不当なやり方に対して「直訴」する人の多くは、裁判を起こすどころか、そのまま裏刑務所(black jail)」に送られてしまう。中国政府はその存在を否定しているが、イギリス人記者はこのほど裏刑務所の前で、そこに監禁されている直訴者たちを取材した。その模様は、英チャンネル4の人気番組「Unreported World(報道されない世界)」の「China’s Olympic Lie(中国のオリンピック虚言)」で放映された。裏刑務所が外国メディアで放送されるのはこれが初めてだ。

英チャンネル4のアイダン・ハートレイ記者による取材の概要は次のとおり。



????http://www.youmaker.com/
(英語)



大紀元日本 2007年11月1日付記事

ーーーーーーーーーーーーーーー

虐殺・虐待・破壊・汚染・侵略・・・


その上に成り立つ中国。


五輪開催などもってのほかだ。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/99-c338205b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。